So-net無料ブログ作成
検索選択

同性愛者差別を助長? [ニュース]

****************************************************************************

<HG玩具>同性愛者差別を助長と発売中止要請

 人気お笑い芸人、レイザーラモンHGさん(30)をキャラクターに使った玩具を発売する「トミー」(本社・東京都)などに対し、同性愛者など性的少数者の教職員でつくる「セクシュアルマイノリティ教職員ネットワーク」(STN21、本部・京都市)が、同性愛者差別を助長するとして、発売中止を申し入れた。
 この玩具は、樽(たる)に剣を突き刺し、中の海賊が飛び出したら負けという人気玩具「黒ひげ危機一発」のHG版。「爆笑問題のバク天! 黒ひゲイ危機一発」という商品名で今月30日に発売を予定し、レイザーラモンHGさんの人形が「フォーッ」と叫びながら、飛び出す仕組み。
 STN21は、同性愛者やそれを連想させる人物を樽に入れて剣を突き刺して楽しむ玩具は差別で、子どもたちに「同性愛者は差別して良い」との意識を植え込む恐れがある――と指摘。「社会や学校で孤立しがちな性的マイノリティーに苦痛を与え、いじめのきっかけを作りかねない」としている。
 トミー広報チームは「この玩具は、捕らわれた黒ひげを味方の海賊が救出するというコンセプト。指摘されたような『同性愛者を剣で突き刺して楽しむ』との認識はなかった。差別の助長には当たらないと考えているが、申し入れを真しに受け止め、理解してもらえるよう説明したい」と話している。【江田将宏】
(毎日新聞) - 12月23日19時52分更新

****************************************************************************

私の認識も甘いのかもしれないけど、
私も最初にこのニュースを読んだとき、
このゲーム自体が「同性愛者を剣で突き刺して楽しむ」というコンセプト、
ということを考えること自体に「?」となった
私の受け止め方では、
このバージョンの黒ひげの人形のモデルはレイザーラモンHGさんであって
もっと商品自体のパーソナルイメージが強い
ゲイを攻撃するというより、このレイザーラモンさんをおちゃらけでいじめている感じで、
それを本人も楽しんでいるというコンセプトというか。。。
むしろ私的にはこのレイザーラモンHGさんはゲイなのかな? とか、
お笑い芸人のイメージとしていじめられるキャラを好む人なのかな? とか
そういえばコスチュームもちょっとSMっぽかったりするかも? とか
そういうふうに考えることの方が多いくらいで、
全然「同性愛者を剣で突き刺して楽しむ」という地点に自体たどり着いていなかった

でもよく考えて見たら、商品のネーミングはやっぱり間違っていたのでは、と思う
黒ひげ危機一髪をかっこよくもじったつもりで黒ひゲイになったのだろうし、
ゲイはレイザーラモンさんの衣装などのイメージから浮かんだだけで、
開発者が言うように、
「同性愛者を剣で突き刺して楽しむ」というコンセプトではないのだろうけど、
ある意味反発が出ても当然なのではと思うだけの理由は確かにある
ほとんどの人がこの抗議を出した人たちと同じ感じ方をファーストインプレッションでするか、
というと、自分もそうではなかったのでよくわからないし、
私も最初は多少過敏になりすぎているような気分がしないでもなかったけれど、
もともとゲイに対して差別感覚の強い日本社会で育った私だからこそ、
そういう部分に気がつかずに疎いところがあるのかもしれないとも思った
気がつかずにゲイの人たちを見下すような気持ちが心の中にあるからこそ、
今回のようなネーミングが出てきてしまうことになったのかもしれない
本当は彼らが過敏すぎるのではなくて、
私達が自分たちの差別意識に疎すぎるのかもしれない

アメリカは日本よりもう少し性についてオープンな社会のような気はするけれど、
アメリカでもやっぱりゲイ差別の色は強いと私は思う
まあ日本がアメリカの後おいをしている感じは戦後から続いているわけだから、
それは当然なのかもしれないのだけど。。。
私が住んでいるのはサンフランシスコの近くの小さな街
サンフランシスコはゲイが多いと言われている街のひとつでもある
アメリカの社会自体が差別に対して
「公的には」批判的な姿勢を示すことを奨励する社会なので
もし大真面目に公的な場に出てゲイ差別発言をしたら、
おそらくほとんどの人は眉をひそめて、
もしかしたら社会的な信用も立場も失うかもしれない
でもそれは、本当にアメリカでゲイの人権が認められているという意味ではない
多くの人は大真面目に言うのを避ける代わりに、
ジョークのように茶化した様子で、
ゲイのことを悪い例に引き出したり、悪いジョークにしたりする
これは、そういう形なら他の人たちも「大真面目に言ってないから」攻撃してこない、
という自己保身的な隠れ蓑になっているんじゃないかと私はときどき思う
私自身はゲイではないんだけど、
それでも私はやっぱりこういうジョークを聞いたら気分がよくない

アメリカでは同性婚がつい最近にも大きな議論を引き起こした
カリフォルニアで本当に一時、数週間だけだったけど、
同性の婚姻届がサンフランシスコで受け付けられたことがあった
そのあとすぐに大きな反発があって、政府の干渉もあったりしたので
今は申請は可能じゃなくなってしまった
私は今でも、私のCo-workerの一人がその時、
「それでいいんだよ、ひとつこういうことを認めると、
次々にあれもこれもって彼らはゲイでない人たちと同じ権利を求めようとするんだから」
というような意味合いのことをコメントしたのを未だに不愉快な気持ちで思い出す
彼らがゲイでない人たちと同等の権利を認めることは、正当なことだよ
結婚が同性同士でなければならないということ自体、
私にはすごくナンセンスに聞こえる
結婚はパートナーシップであって、
それが異性同士でなければならない理由なんかない

同性婚がアメリカで最近議論になったとき、こんな理由も聞いた
「もし同性婚を許せば、異性同士の結婚という形が崩れて種の保存にも影響する」
そんなこと、ありえないよ(笑)
同性婚を認める、ゲイの正当な人権を認める、ということが、
全ての人をゲイにするとでも思ってんのかな。。。
そういうものが正当に認められても、ゲイにならない人たちだって存在するわけで
それに、私たちは種の保存のために結婚するわけじゃない
ホントにくだらないと思った

一方でイギリスでは、こんなニュースも

****************************************************************************

同性愛夫婦の婚姻認めるパートナーシップ法が英国で施行
 
 [ベルファスト 4日 ロイター] 英国では5日、同性愛者同士の婚姻を認めるシビル・パートナーシップ法が施行されるため、この日は多数の同性愛カップルが正式な婚姻届を出すものとみられている。
 同法は、同性愛夫婦に異性愛夫婦と同様の財産権や相続権を与えるほか、年金、出入国、税制上の優遇措置においても同様の権利を付与するもの。
 同性愛カップルは2週間の待機期間を経た後、新たに認められた法的パートナーシップの登録を行うことができる。
 ただ、ほとんどの同性愛カップルは、祝い事はひかえめにするもよう。
 北アイルランドでゲイやバイセクシャルの男性に対する情報、教育、訓練を提供している「レインボー・プロジェクト」のゲイリー・マクキーバーさんは、「われわれは、自分たちが享受すべきものをようやく受け取ることができる。派手なことをするつもりはない。(登録手続きは)粛々と行われるだけだ」と述べた。北アイルランドのパートナーシップの登録日は、19日になっている。
 通常は派手好きで知られる英歌手のエルトン・ジョンさんも、雑誌のインタビューで、登録手続きには控えめな態度で臨むとしている。
(ロイター) - 12月5日17時24分更新

****************************************************************************

ゲイがアメリカや日本よりもっとオープンに認められているイギリスでさえ、
今までこういう法律が施行されていなかったということはある意味驚きでもあるし、
それだけここまで来る道のりが長くなるのだということはわからないわけではない
でも、私は彼らが異性婚の人たちと同等の権利、サービスを受けられることは
本当に当たり前のことだと思うし、それが正当であるべきだと思う
そしてついにこういう法律が、
世界のどこかでしかれて彼らの権利が認められたことはとても嬉しいことだ


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。