So-net無料ブログ作成
検索選択

日米地位協定 [ニュース]

************************************************************************

女性米兵がひき逃げ、逮捕も「公務中」で即日釈放

 米軍厚木基地(神奈川県)所属の女性水兵(23)が東京都八王子市でひき逃げ重傷事故を起こして逮捕され、日米地位協定などに基づき即日釈放されていたことが28日、分かった。
 警視庁八王子署の調べによると、米軍の女性水兵は22日午後1時ごろ、八王子市大谷町の国道16号交差点で、横断歩道を渡っていた小学校3年の男児3人をワゴン車ではね、1人に鎖骨骨折などの重傷、2人にも足などに軽傷を負わせた疑い。
 水兵はそのまま逃走したが、同署員が約30分後、現場から約1キロ離れた路上でワゴン車を発見。水兵が容疑を認めたため、業務上過失傷害と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで緊急逮捕した。
 米軍から22日夜、水兵が横田基地に備品を取りに行く軍の公務中だったとする「公務証明書」が出されたため、日米地位協定に基づいて釈放した。
 男児たちは青信号で横断中だったとの目撃情報もあり、同署は任意で捜査し、水兵を業務上過失傷害などの疑いで書類送検する方針。
 日米地位協定は、米軍の公務執行中に発生した事件・事故の裁判権は「米軍が第1次の権利を有する」としており、米軍が裁判権を放棄しない限り、水兵は米軍法会議で裁かれる。
          ◇
 日米地位協定を巡っては、米兵がらみの事件や事故が起きるたびに見直しを求める声が上がっている。
 1995年9月、沖縄県で起きた米兵3人による小学生女児暴行事件では、引き渡しを求めた日本側に対し、「米軍が身柄を拘束している場合、日本側が起訴するまでは、容疑者の身柄を拘束できる」という条文を盾に、米軍は引き渡しを拒否。事件発生から25日後に3人が起訴された後、やっと日本側に引き渡した。
 また、昨年8月に同県内の沖縄国際大構内に米軍ヘリが墜落した事故では、県警が現場検証を行おうとしたのに対し、米軍は、わずか10分の写真撮影を許可しただけで捜査員を閉め出し、機体の残骸(ざんがい)を撤去した。
(読売新聞) - 12月29日1時37分更新

*************************************************************************

私にはこの日米地位協定はとても納得のいかないもののひとつ
そもそも日本に米軍が常時駐屯していること自体が大きく間違っている
日本は独立した国家であるはずで、アメリカの植民地ではない
「日本の安全を守るため」という触書での常駐だけど、
わが国にはれっきとした自衛隊があるわけで、
国の法律自体に自分たちからしかけての戦争はしない、
自衛以外の目的の武力行使はしない、とうたった箇所もある
アメリカにそんな形で「守ってもらう」必要なんかないし
日本がNOと言えばアメリカは基地を返して兵を引き上げるべきだ
そんなばかげた状況を放置しているにのみならず、
こんな見下げられたような日米地位協定を未だに保っているのには本当に腹が立つ
職務の遂行中だからといって、なぜアメリカに当人を裁く権利を譲る理由になるのか?
日本に住んでいるのだから、日本の法律に従うのが普通のことのはずだ
そもそも今回のこのケース、当人は水兵だけれど、横田ベースは空軍管理下だ
本当に物品をとりにいくという職務の途中だったのかさえ、実際怪しい
車自体もワゴン車と書いてあるところを見ると、米軍のものではなくて、
本人の所有するものなんじゃないかと思うので、
そうするとますます軍が水兵に自身の自家用車で職務を命じるか?
と私の中では疑問がふくらむばかり
納得いかない

アメリカが日本を「守る」ために「好意で」軍を常駐させているのであれば、
さっさと撤退してもらいたい
特にその「守る」ための兵士が日本の国民に危害を与えることになって、
その時にこのばかげた日米地位協定がその罪を無意味に減刑する理由になるなら
本当にこれは許しがたいことだ
この日米地位協定の理不尽さを逆手にとって、
やりたい放題やるのを許すわけにはいかない
罪を犯したなら、平等に裁かれるべきだと思う
私は今アメリカに住んでいるわけなんだけれども、
そしてアメリカにはいいところもいっぱいあるんだけれども、
こういうアメリカのやり方を見ると本当に腹が立つ

最近開始になったアメリカの牛肉の輸入再開もそうだけど、
日本国民を守る立場にある政府には、もっと自覚を持って欲しいし、
日本人である誇りを持って欲しい
そしてするべきことをやって欲しいと思う


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。