So-net無料ブログ作成
検索選択

理解不能 [ニュース]

********************************************************

グアム移転、日本分担は59%・60億9000万ドル

 【ワシントン=今井隆】額賀防衛長官とラムズフェルド米国防長官は23日夕(日本時間24日早朝)、国防総省で約3時間会談し、在沖縄海兵隊のグアム移転費の総額102億7000万ドル(2006年度予算の換算レートで1兆1400億円)のうち、日本側が事業費ベースで59%の60億9000万ドル(6760億円)を負担することで合意した。
 一般会計からの財政支出は28億ドル(3108億円)で、残りは政府出資と融資で支援する。
 これにより、在日米軍再編問題は大筋で決着した。日米両政府は5月2日に外務・防衛担当閣僚による日米安保協議委員会(2プラス2)をワシントンで開き、最終報告を発表する方向で調整している。
 合意によると、「真水」に相当する日本の財政支出は、主に海兵隊の庁舎、隊舎、家族の学校の建設などに充てられる。家族住宅の建設費25・5億ドル(2830億円)のうち、15億ドル(1665億円)は新設する第3セクターに政府が出資し、残りは国際協力銀行などによる融資を想定している。融資は、電力、下水道などインフラ整備も対象にする見通しだ。
 海兵隊の訓練施設や滑走路、ゴルフ場などの娯楽施設などは、日本側は支出せず、米側が負担する。
 米側の直接の財政支出は31・8億ドル(3530億円)で、日本の28億ドルをやや上回る。米側が負担する残りの10億ドル(1110億円)は、基地周辺の道路建設費などに使われる。
 安倍官房長官は24日の記者会見で、在沖縄海兵隊のグアム移転費の日米合意について「沖縄などの負担軽減と抑止力の維持を早期に実現するには、我が国もしかるべき負担を負う必要がある。地元の負担軽減は日米同盟、日本の安全保障にもプラスだ」と評価した。
(読売新聞) - 4月24日13時54分更新

********************************************************

なんで日本が事業費ベースで59%と半分以上負担なん!???
と思わず地元の言葉で叫びそうになった私
ごり押しのアメリカがこれ以上譲るわけがなかったのかもしれないし、
議論ばかり長引いて結局引き上げが起こらないことを懸念したのかもしれないけど、
それにしても納得できない

アメリカは長く兵力を日本のために割いて、日本を守るために兵力をかけて、
本来自国を守れるはずの兵を日本に置いてきた
それを今日本の都合で出ていけと言っているのだから、
日本がその引越し費用を払うのは当然だ、
アメリカのいい分としてはこんな感じなんだろう
日本のために兵力を割いた? 
嘘つけって。。。世界からの圧力がかかるから、
日本を植民地にする代わりに、実質支配化においただけ
日本を守るため?
誰も頼んでないし、実際何から日本を守ってきたというのか?
今や逆に国際テロ組織からも日本はアメリカの手先みたいに思われて、
逆に攻撃対象にさえなりかねない状況だというのに
日本の都合で出て行けといっているのではなく、
本来自分達が自分達の都合で居候して来たのだということを
むちゃくちゃな理論で捻じ曲げようとしているとしか思えない

重ね重ね、アメリカに住んでいる私がこんなことを言うのはなんなんだけども、
それでも私はアメリカ政府の横暴さが嫌い
そして理解不能


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。