So-net無料ブログ作成
検索選択

日本政府さん、そろそろ学習してよ [ニュース]

******************************************************************

米国産輸入牛肉に不許可部位「胸腺」混入

 厚生労働省と農林水産省は8日、大阪港に陸揚げされた米国産牛肉に、輸入が認められていないリンパ組織「胸腺」9キロが混じっていたと発表した。

 両省は、出荷したスイフト社グリーリー工場(コロラド州)の牛肉について、国内流通を一時停止するとともに、同日、米国政府に対し、詳細な調査と再発防止措置の実施を申し入れた。米国産牛肉の輸入再開が決まった7月27日以降、輸入条件違反が見つかったのは初めて。

 両省によると、10月30日、同工場から輸入された冷蔵牛肉や冷蔵タン760箱(約11トン)の中に、「胸腺」が1箱紛れ込んでいるのを、農水省動物検疫所大阪出張所の職員が確認した。
(読売新聞) - 11月8日22時29分更新

******************************************************************

バカなアメリカ政府の犬と化した日本政府も、
そろそろ学習能力を持つべきだ
「詳細な調査と再発防止措置の実地を申し入れた」
って、この前のときも同じことだったんじゃないの?
挙句にまたこれなんだから、アメリカ政府は信用できない、ってことでしょ?
自分の国の国民でさえ、狂牛病にかかるかどうかなんて気にしてない政府が
他国の国民の命の安全なんか本気で顧みるわけがないのに。。。
それとも今や、日本政府も日本の国民の命なんて、
外交政策と比較したら重んじる意味はないと思っているということなの?

アメリカの医療制度と保険制度ははっきりいって本当にSucksだし、もう崩壊してる
政府は、国の医療制度なんか政府に負担がかかるばかりで使って欲しくないんだから、
国民が早死にしたら都合がいいに決まっている
戦争と軍事力にばかり信じられないような莫大なお金をかけているのに、
一人一人の国民の健康なんて気にもかけてないような国なのだ

日本の厚生労働省と農林水産省がチェックをミスをして見逃すことも、
そしてその見逃したものが狂牛病に感染している危険性も、
有り得ないくらい低い可能性だというのかもしれないけれど、
だからといってアメリカ政府が安全対策を完璧にしないのを事実上見逃して、
アメリカの牛肉を輸入し続ける日本政府の対応は許しがたい
誰かの命にかかわることなのだから、
こんな信じられない「ミス」がこんな短期間に2度も起こっていいはずがない
バカなアメリカ政府に頭が上がらない日本政府はもっとバカ
今度輸入禁止部位が見つかったら、輸入は二度と再開しない、
というくらいの強い姿勢を見せたらどうかと思う
日本の国民だって、今みたいな押し倒されっぱなしの日本政府なんか信用できないよ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。