So-net無料ブログ作成

ダメな日もある [Diary]

今日の私はもう全然ダメ
朝起きた時から不愉快モード全開だった
仕事に行きたくもなかったけど、
まあそこは社会人として最低の責任くらいは果たさなければならないわけで

一日終わって、家に戻ってきて、やっぱりとっても不愉快なまま
むかついてむかついてしょうがない
自分に、なんだと思う
そんな自分を抱えたままここ数日生きていることに、
涙が出るくらい腹を立てている
不幸せな気分でいるのを選んでいるのは自分自身なんだと思う
別の選択をすれば、こんなふうにうんざりして不愉快なまま、
時間をキライな自分を抱えて過ごさなくてもいいんだと思う
でも、その選択をするには、時間がかかるのかもしれない
自分で自分が許せない

こんな日もある
分かってるんだけど、ときどき自分自身にキレそうになる

最近も、私のなかでは日本語の文庫本がいまだに密かなブーム
サンフランシスコの日本街のなかに紀伊国屋が入っていて、
ちょっと割高なんだけど、そこでは日本の本も買うことができる
日本での発売から少し遅れることもあるみたいなんだけど、
それでもアマゾンとかで日本から輸入するよりもずっと簡単でお手軽だ
家にいるときは本を読んでることはあんまりなくて、
それよりも仕事で休憩のときとか、ランチのときとか、
みんなとぼちぼち話もしつつ、本も読んでみる
最近私が読んでるのは、
重松清さんという人の「卒業」という文庫本(ちなみに新潮文庫から出てる文庫です)
これは命の重さとか、生とか死とかいうことについて、
向きあうことをなんとなく考えるような、4つの中篇が1冊になっているもの
そのなかでも「あおげば尊し」という作品を読んでいたら、涙が出てきた
自分が父の死に立ちあったときのことを思い出して、
自分を重ねて読んでいたのかもしれないと思う
他の3篇も短い割に読み応えがあるので、読んでいない人にはオススメの一冊かも

ああ、もう、今日はホントにダメ
めちゃくちゃへこんでる


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。