So-net無料ブログ作成

はまってるもの [Diary]

最近、マクロのレンズを買いました
といっても、もう数ヶ月前のことなんですけど

マクロのレンズの面白さにもうすっかりとりこです
その前はスーパー広角レンズにしばらくはまっていて、
高い建物や木を撮るのが楽しくてしょうがなかったけど、
このところ忙しかったり、せっかくのバケーションも風邪で寝込んでたりで、
ちっともシューティングのロードトリップに行けずじまいだから
家のなかでも楽しめるマクロレンズはとっても活躍しています

まだ要領をつかみかけているところで、
まだまだ修行が足りないのですけど、
興味があったらサイトをのぞきに来てくださいねー(^^)
http://www.flickr.com/photos/fairycatinpink/

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

2009年 [Diary]

日本はもう新年を迎えましたね
私の住むサンフランシスコはただいま31日の午後2時半過ぎ、
まだまだ2009年まで10時間足らず残っているところ

日本では大晦日というと、たいていの企業はもうお休みになっていて、
多分働いている人の方が少ない、というのが私の印象だけど、
今もそれは変わらないんでしょうか?????
ニュースでちらっと見たところでは、
解雇されたり、派遣の仕事を切られたりして、
年末までに8万人が職を失ったということでしたが、
アメリカの経済破綻のあおりを日本もかなり食らったということなのでしょうね

私はブログの説明にある通り、ナースの仕事をしているので、
なんと言っても不況知らずのようなところがあると思うのですが、
私の知っている人やその友だちでこちらの一般企業で働いている人のなかには
解雇を通告されたり、リロケートを解雇の代わりに提示されたりして、
アメリカを離れることになった人たちもいたりします
状況を見ていると、15年だか20年だか前に日本で起こったバブル崩壊に似ています
でもアメリカの方がずっと貧富の差が激しいし、
国土の大きさも日本の比ではないので、
これから厳しい冬のような状況が少なくとも向こう10年は続くのではないかと思います
日本ですら、経済や雇用の状況が好転し始めるまでに15年かかって、
いままたこのアメリカの経済破綻で経済危機を迎えているような状態だから、
アメリカ国内はただでさえ保険や医療保険制度もひどい状況のなか、
これからはアメリカに住む人には本当に「サバイバル」の10年になるのでしょうね
アメリカでも、暗いニュースのまま2009年を迎えることになりそうです

日本では東京の代々木公園で派遣村というボランティアが5日まで展開されているそうですね
今回の解雇や派遣切りで食や住むところを失った人たちのためのキャンプで、
寝る場所の提供、食事の支給や仕事を探すお手伝いをしたりするものなのだそうです
年末からお正月を超えて、ボランティアで年を越す人たちもいるのだなあと、
心を動かされるようなキモチで記事を読みました

アメリカの大晦日は働いている人の方が多いので、
実は全然大晦日というキモチにならないです
毎年31日と1月1日だけは職場でお休みをお願いしている私は、
今年は友人たちと年越しそばパーティをして、花火を見て、
その後早朝に初日の出をみんなで観に行く予定
長くアメリカに住んでいても、日本人風の大晦日とお正月だなあと思います
クリスマスも結局友人たちと大騒ぎで、帰宅したら午前2時半だったのですが、
不況で暗いニュースが多いからこそ、
楽しく騒いで年を越したい気持ちもするのかもしれません

2009年も前向きにがんばっていきたいと思います
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

X'mas [Diary]

もうすぐX'masだ。。。
アメリカじゃ、X'masはいわゆる家族イベント
友だちもたいていは家族のところで一日を過ごす
この時期になると毎年、X'masは何をして過ごすかなー。。。と思う
アメリカに家族のいない私にとっては、
日本にいたときのように友だちや彼と出かけるわけでもなく、
仕事もこの日ばかりはうちのユニット自体がお休みでクローズだったりして、
もう何をどうして一日過ごすのがいいのかさっぱりわからない
お店というお店は4時やらという早い時間に閉まってしまうし、
レストランもお休みのところの方が多い
多分サンフランシスコ市内に出れば何かあるかもしれないし、
たいてい映画館は開いているものらしいのだけど、
ひとりで映画を観るのもなんだか寂しい

にゃんこと一緒に、1人と一匹、
少し遠出の散歩にでも行ってくるかなー
天気がよければだけど。。。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

言葉にならない [Diary]

10月半ばにちょっとしたことがあって以降、このところ会っていなかった彼と
先週久しぶりに会って以来、心の中がざわざわと不穏な音をたてている
まだ私のキモチのなかではあの時の会話がきちんと整理されてなくて
このまま会っても意味がないし仕方がない、
と言ったのだけど、
彼はどうしても譲らなくて、結局また押し切られたように会ってしまった
思えば私たちは、いつもこんなふうだった

彼とは、初めて会ってからもう2年が経つ
そのあいだ、まるまる会わなかった時間が8ヶ月あるから、
実際には1年半に足りないくらいのつきあいということになる
くっついたり離れたりしながらきた2年間だったけど、
今回は彼が12月で大学を卒業して地元に帰ってしまうので
今度こそ本当に、もうこれが最後になるかもしれない

10月に会わなくなった時、彼が12月で大学を卒業して実家に帰ることは知っていたから
もうこれで本当に終わりだなと自分のなかでは思ったし、そこで区切りを付けたつもりだった
でも、今回も電話番号は消さなかったし、メールアドレスも残っていたわけだから、
今考えたらやっぱりまだ私のなかには切りきれないキモチがあったのかもしれない
2週間前に彼から連絡が着たとき、予想外に自分のキモチが揺れたのに驚いた
それでも自分のなかには遠距離という選択肢はなかったし、
諦めるしかないのだというキモチしか見つからなかったから、
12月に卒業して地元に帰っちゃったら、私たちももうそれで終わりなんでしょ?
だったら今会っていても意味がないし、
このまま会い続けたら自分の気持ちに区切りがつかなくなるから、
このまま会わないままにした方がいいんじゃないかと思う、と言ったら
週末に自分が会いに来ることだってできるんだから、そんなことない、
と言われてまた驚いて、そしたら急に泣けてきた

今とても複雑な気持ちになっている
結局あれからまた会うようになって、時間を共有すればするほど、
彼が12月でいなくなってしまった後の自分のキモチをどうすればいいのか、
そのことに心がとらわれて重たいキモチになる
これで終わりじゃない、と言った彼の気持ちは嬉しいけれど、
半面、ロスとサンフランシスコの遠距離じゃこれ以上どうにもならない、
というキモチが私のなかにあることは否定出来ない
彼と共有する時間のひとつひとつがだんだん意味を持って重くなる
でも、後で辛くなるからもう会わない、と言えない自分がもっと重たい
好きなワインが同じだったり、好きな音楽が同じだったり、好きな映画が同じだったり、
そういうひとつひとつが心の中にしみ込んできて消えないシミをつくっていく
そのシミがだんだん広がって大きくなっていくのが、今はとても怖い
せめて思い切って、今彼のことを切ることができればもっと楽だっただろうか
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ひさびさにやらかしてしまった。。。 [Diary]

昨日DMVに自動車のライセンスの更新に行ったらば、
そのときに携帯を置き忘れてきちゃった。。。有り得ない。。。
朝すごく早く出かけて、
帰りにマーケットによってちょこっと買いものして戻ってきて、
昼間は洗濯もしなきゃで忙しかったので、
ぜーんぜん携帯がないことには気がつかなかった
夕方になって一息ついて、「あれ? そういえば携帯静かだなー???」
と初めて思い当たって、探してみるも見当たらず
一応車にも見に行ったのだけど、やっぱりない
朝DMVに行く前に鞄に入れたことは覚えていて、
最後に見たのはDMVだった、ということに思い当たったときには、
すでに午後5時半を過ぎていた
念のため友人2人にも電話してみてもらったけど、
やっぱり部屋のなかにある様子はない
しかも呼び出しがなってすぐ自動応答メッセー時に切り替わるよ、
と言われて、もうこれは絶対どこかに置き忘れてきた、
ということで結論に。。。

そんなわけで、今朝また早くからDMVにとんぼ返り。。。
受付で「どんな電話?」と聞かれたので、
iPhoneなんだけど、黒いケースに入ってて、
いろいろチャームみたいのがぶら下がってるんですけど。。。
と言った途端、「ああ、それなら覚えてるわよ!」と、
即座に奥から見慣れた私の携帯を手に出てきてくれた
あーーーーーーーよかった

アメリカでは日本みたいに携帯ストラップが主張してなくて、
使ってない人もいっぱいいる
iPhoneをわざわざストラップのつけられるケースに入れて、
多分iPhone自体よりも重いチャームをたくさんぶらさげてる私みたいな人は
こっちでは日本人以外ではみたことがない
だからこっちで私の携帯を見たアメリカ人はたいてい大笑いして、
キミはホントに日本人だねー(笑)、なんて言われてしまうけど
こういうときは印象に残って分かりやすいから、悪くもないよね

今回は運良く見つかったけど,気をつけなくちゃ
ご心配おかけした友人かたがた、ゴメンねー

PS.今日のLuke
ヤバいっ、と思ったら、すでにキッチンのカウンターに飛び移り、
なんとキャップの開いていた食器用洗剤をひとなめしてしまった!!!!!
嫌がるのを押さえて、すぐに水で顔と口のなかを指をつっこんで洗う
シャボンが口元にできて、すっごい心配した。。。
さんざん水で洗い流した後、
これまた押さえて無理矢理水を飲ませて、
とりあえずかかりつけの獣医さんに電話
ひとなめくらいなら多分大丈夫だろうと
もー、バカなんだから。。。
でも、おおごとにならなくてよかった
ダメだなー、もっと気をつけてあげないと
何かあってからじゃ遅いんだから
ごめんね、Luke

n754959103_1489194_8349.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

09/11 [Diary]

あれから、もう7年が経つ
あの日私は仕事から帰ってきてテレビをつけて、
見慣れたあの風景のなかであのビルが崩壊していくのを目にして、
映画でも観ているようだと思った
それが夢でも映画でもないと気がついた途端、
今度は膝ががくがくと笑い出して、
その場に座り込んでしまった
震える手で電話番号をいくつも押すけど、どれもつながらない
ざあっと体中から血が引くような気がして、
NYの誰とも連絡がつかないまま、眠れずに翌日の朝を迎えた

もう7年
そんなに時間が経ったような気持ちには、まだならない
今でもあのときの衝撃をまだ心の奥底で覚えている
今日は一日、あの事件で亡くなった人たちの冥福を祈りたい
そしてどうか、残された人たちの心の傷や痛みが、
毎日少しづつでも癒されていきますように
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

いいのかな [Diary]

いいのかな、こんなふうにしてて

そう思う自分が、また会い始めてからずっと心のどこかにいる
自分のなかで、区切りがきちんとついてないのを感じるから
このまま会ってちゃいけないんじゃないかと
どこかでずっと引っかかっている

カレはちょっと変わった
悪い意味ではなくて、いい意味で大人になった
だから、カレのことを好きじゃなくなったわけじゃないし、
今でもカレのことはとても魅力的な人だと思う
カレの撮るショットは相変わらず美しいし、カレは頭の回転も速い
話してても楽しいし、一緒にいる時間はあっという間に過ぎてしまう
ただ、私には、カレと私の間に未来が見えないだけ
でも、それなら、ただひととき楽しいだけの関係なら
私にはそういうのは向いてない、と思う
会うたび、もう会わない方がいいんじゃないかと思うと、
言いそうになる自分がいることを心の隅で強く感じている

今回カレがサンフランシスコに戻ってきたのは大学を卒業するためで、
今年の年末にはカレは大学を卒業する
そうしたら、またロスに戻ってしまうんだと思うから、
こうして今会ってても、結局意味がないと、多分私は感じるのかな
私的には、
「Dating」と「In a Relationship」は全然違う
カレの中で、そこがどんなふうに線を引かれてるのかが私には見えなくて、
だから今のこの状態をどこに位置づけるのがいいのかが分からない
「Dating」だったら、他の誰かとも会っててもアリだと思うんだけど
「In a Relationship」だとしたら、それはやっぱり誠実じゃない
カレとそういうことを話したわけじゃないけど、
カレは私が他の人ともカレとのように会っているとは多分思ってない
私たちがただ楽しくて会ってるだけだとしたら、
カレは私が他の誰かとも同時進行で会ってても平気だろうか
その人との関係が「Dating」から「In a Relationship」に変わったら、
もちろん私はカレと今のようには会わなくなるわけだけど、
カレの中でそのあたりはどんなふうに認識されているんだろう

別に今他につきあってる人がいるわけじゃないし、
ただ楽しいだけでしばらく会っててもいいんじゃないかと
この前に書いたときには思っていたんだけど、
会う回数が増えれば増えるほど、疑問符が大きくなってきた
今は,カレから連絡がくればそれに返事はするけど、
自分からは連絡を取らないようにしている
カレと会うのは楽しいのだけど、
正直なところ、どうするのがいいのかわからない
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

元カレ [Diary]

すっごい久しぶりに昨夜会った
別れたのが去年の終わりか今年のあたまだったから
多分、最後に会ったの、8ヶ月とか9ヶ月とかくらい前???
会わなくなってからもときどき携帯にメッセージが着てたけど
私的にはもう終わったことだったので、
最近まであんまり真剣に取りあわずにきたし、
また実際に会うことは意味がないって言い続けてきた
でもここ2週間くらい特に携帯にメッセージが頻繁に来て
結局昨日会うことになった
会うまでは、会ったら自分はどう思うんだろう、とか
どんなことを話せばいいんだろう、とか、
いろいろ考えてたのに、
実際に会ったら、フツーにつきあってたときみたいだった
あれからお互いにひとつ年をとって、
カレはもう少し男の人らしくなってたけど、
相変わらずやんちゃっていうか、
コドモみたいなところもやっぱりあって、
ちょっと可笑しかった

今回カレはロスから大学の秋セメ(冬かな?)で戻ってきて、
今期でめでたく卒業になる
そしたらまたロスに戻るつもりなんだと思う
もし私たちのつきあいが今回はそれまで続いたとして、
カレがどうしたいと思っているのかはわからないし、
遠距離は基本的に私には無理だと思っている私としては
先のない恋愛をするのは自分にはあわないと思うけど
自分の気持ち的にカレとのことは強くないから
しばらく今の状態で楽しく会ってればいいかな
楽しくなくなれば、そのとき考えればいいか、
なんて

楽しかったな


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

変えてみた [Diary]

しばらく夏らしいスキンで行こう、
と思って前のスキンを設定したまま放置していたのだけど、
そろそろ夏も終わるし、
というわけで、変えてみた
少し前に使っていた、バラのスキンが、
今まで使ったなかでは一番好きかもしれない
でも、ずっと同じだと、飽きてくるからね

この間、走行距離28000マイルを超えて、
これまたひさしぶりに車をディーラーさんで点検してもらった
実はきちんと走行距離5000マイル毎で点検してもらってるの
通勤で使う程度なら別に気にしないかもしれないんだけど、
私の場合はこの車でどこでも行っちゃうからなー
すでにオレゴンも2回行ったし、
ロスはもう軽く5回は行ってるんじゃないかと
飛行機で行けばいいのに、といわれることもある
だけど、飛行機じゃ、寄り道も出来ないもんね
私は一日8時間とかドライブしても全然平気
iPodをつないで、好きな音楽を大音量でかけながら、
まっすぐで広い高速を時速80マイルくらいで走るの、大好きなんだもん
ホントは走行距離35000マイルあたりでブレーキとか交換らしいけど、
今回チェックしてもらったら結構ブレーキが消耗してて、
結局今回交換してもらうことになった
ブレーキの交換って、とってもお金がかかるんだって知らなかった!
交換したら、なんとなくブレーキの効きがよくなった気がする、
なーんて思う私は暗示にかかりやすいのかも?(笑)

先週末、元カレがロスからサンフランシスコに戻ってきた
大学の夏休みでロスに帰省していたのだけど、
秋のセメスターが始まるので、ぎりぎりで戻ってきたらしい
カレとは別れてからは実は一度も会ってない
何度もメールが来てたけど、会う理由がないと言ってきた
実は、そのカレと、ほんとにひさしぶりにこの金曜日に会う
何ヶ月ぶりだろう?
一番最後に会ったのって、去年の年末だったっけ?
結局何度もメールしてくるカレに押され負けた気もするけど、
会ってみようかなと、キモチの変わった自分に驚いている

今週は明日もう一日夕方勤務で、金曜日はペーパーワーク
4時頃には家に帰れる
明日は一緒に働くメンバーも楽しい人たちだし、
もう一日頑張れねば!
22日からMedical Leaveになることが決まって、
ちょっと気分的にはへこんでるんだけど、
こういうときだからこそ、前向きで行かなくちゃね
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

Website [Diary]

ようやくMacでサイトの再構築を今週に入って始めて、
今日の時点でなんとか大枠が完成したかなというところ
まだサイトの半分は再構築が終わってないので、
更新がんばらなくちゃ。。。

7月の末に、2週間の有給をもらって、
オレゴンとアリゾナに行ってきたばっかりなんだけど、
なんだかまた遠出の虫が騒いでるような気がする
どこか行きたいなー
前回のその2週間のお休みのときは、
前のエントリーで書いたようにパスポートが切れてた(!)ので、
アメリカ国外に出られなかったんだけど
(っていうか、アメリカ国内でさえパスポートなしじゃ飛行機も乗れないし)
次に長めのお休みがもらえるときは、
ひさしぶりに嫌いな飛行機に乗って、もっと遠くへ行くのもいいかな、
なんてなんとなく考えている

再構築でサイトがすっきりしてきたので、
英語ベースなんだけども、興味がある人は遊びにきてみてね
www.fairycatinpink.com


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。